日中水素環境産業対話 第一回会合

5
公開時間:2019-07-25 14:56

日中水素環境産業対話 第一回会合@City Lab Tokyo ~日中の水素・燃料電池ビジネス協力可能性を探る~


近年、世界各国は持続可能な開発目標(SDGs)の実現、地球温暖化緩和対策の促進に向けて、環境友好型のエネルギーの開発に積極的に取り組んでいます。水素は二酸化炭素、汚染物質を排出しないといった環境性のみならず、再生可能エネルギーとしての貯蔵性、運搬性など特徴を有することから、世界中で注目を浴びています。

本会合は、2017年に「水素基本戦略」を公表した日本と中央・地方政府による制作を進めている中国、水素社会の構築に向けて様々な取り組みを進めている両国の相互理解、コミュニティ・ネットワーク構築を通し、水素・燃料電池ビジネスの協力可能性を探るものです。

慶応義塾大学特任教授の小林光氏の司会のもと、両国の参加者30名以上により、行政や企業、関連団体による積極的な技術紹介、コミュニケーションが行われました。


1563952061(1).png

開会挨拶 小林 光氏 慶応義塾大学特任教授(元 日本環境省事務次官)


1563952037(1).png

開会挨拶 鐘 俊浩氏   全聯新エネルギー商工会議所 副会長、水素分科会(筹) 発起人


1563951989(1).png


日時:3月4日(月)9:00〜12:15(開場8:30)
会場:シティラボ東京(東京スクエアガーデン6階)
主催:日中水素環境産業対話実行委員会
共催:氢能泡泡、北極星電力網


シェア:
連絡先
上海市闵行区陈行公路2388号5号楼401-12室
4008 200 232
qnpp2018@163.com
wechatで上記のQRコードをスキャンし、氢能泡泡をフォローしましょう。
在线地图
アクセスマップ